メーカーごとに人気トナー|人気のリサイクルトナーとな

プリンター

プリンター消耗品の節約

カラーチャート

プリンターのトナーは消耗品として必要不可欠であり、継続的に購入費用がかかるものです。各メーカーはプリンター本体を安く販売し、その代わりに消耗品で儲けを上乗せしているため割高になっています。そこでトナーを安く手に入れるには、再生トナーを購入するという選択肢もあります。再生トナーはトナーの容器をリサイクルするという考えに基づいています。使用済みのトナーを回収し容器を解体・洗浄・部品の交換等を行い新しいインクを詰め替えて販売しています。そのため、純正品よりも格安で入手することができ、安いものは純正品の10分の1以下の商品もあります。また、容器のリサイクルにより環境にも配慮されていると言えます。購入はインターネット通販で購入することができます。

再生トナーは容器をリサイクルして再利用しているというだけで、品質は管理基準に認定された製品を選べば問題ありません。但し、純正品と比べて色合いが異なる場合があります。色合いの違いが気になる場合は純正品を購入するほうが良いでしょう。また、不良率が純正品では1〜2%に対して、再生トナーは2〜3%とやや高めになります。そのため、再生トナーは手厚く保証がついていることがあるので、業者を選定する際に注目が必要です。 再生トナーは安さが魅力ですが、安ければよいというものではありません。業者によっては人員や工程を削減し、トナー容器を洗浄しただけでメンテナンスせずにインクを詰めている粗悪品もあります。純正品よりも安いわけですから、信頼できる業者を選んだ方が良いです。